うるのんの苦情・デメリットまとめ!うるのんより安くて解約条件もユルいウォーターサーバーはこれだ!

うるのん

Pocket



うるのんを使ってみたいと考えている方の中には、苦情など情報が気になって調べている方もいると思います。

 

そこで今回は、うるのんの特徴を簡潔にまとめて参考にしてもらいつつ、うるのんに関しての苦情やデメリットなどの情報も、まとめてご紹介したいと思います。

 

また、最後にうるのん以外にも私がおすすめするウォーターサーバーもありますので、合わせて参考にしてみてください。

目次

うるのんの特徴まとめ

うるのん

それではうるのん苦情やデメリットをみていく前に、まずうるのんの特徴についてまとめていますので、参考にしてみてください。

 

【うるのんの特徴】(金額は税別)

水の種類 天然水
初期費用 0円
サーバーレンタル料金(月額) 300円・0円(サーバー機種による)
ボトル料金(1本) 1,898円(うるうるプラン:1,806円)・配送料無料
ボトル容量 12L
ボトル注文 2本単位
ボトルの配送 定期配送(スキップは年2回まで無料・3回目以上は有料)

2・3・4週間ごとに配送ペースを選択可能

※スキップとは定期配送の中止のことになります

ボトル回収 なし・ワンウェイシステム(ユーザーが処分)
解約金 3年以内の解約(うるうるプラン加入):15,000円

2年以内の解約:10,000円

※2年以上の解約でも解約金5,000円が発生

 

うるのんの特徴をまとめると以上になりますが、

  • 天然水サーバー
  • ボトル料金はやや高い金額
  • 解約条件が厳しい

という部分が特徴的と言えます。

 

うるのんの苦情やデメリットなどの情報まとめ

アクアクララ 苦情

それでは早速、うるのん苦情やデメリットなどの情報について、まとめていきたいと思います。

  • コストが高め
  • ボトルの交換が毎回しんどい
  • お水の注文ノルマがある
  • 赤ちゃんには天然水よりもRO水のほうが最適
  • サーバーのデザインがイマイチ
  • サーバーの音が気になる
  • 解約条件が厳しい

 

■コストが高め

「コストが高め」についてですが、以下の【ウォーターサーバー各メーカー別のボトル料金単価比較】を見てください。

 

【ウォーターサーバー各メーカー別のボトル料金の単価比較】

 ボトル交換式ウォーターサーバー
商品名 水の種類 ボトル料金1L当りの単価

月額レンタル料金

プレミアムウォーター 天然水 153円

レンタル料金:機種によっては500~1,000円必要

フレシャス 天然水 196円
アクアクララ RO水 108円

レンタル料金:1080円

うるのん 天然水 158円
ネイフィールウォーター 天然水 162円
ワンウェイウォーター 天然水 158円
富士おいしい水 天然水 117円+送料別

+メンテナンス料金550円

コスモウォーター 天然水 158円
信濃湧水 天然水 125円
ピュアハワイアンウォーター RO水 130円

レンタル料金:617円

アルピナウォーター RO水 85円

レンタル料金:617円

オーケンウォーター 天然水 158円
天然水アクアセレクト 天然水 146円
クリクラミオ 天然水 176円
富士の湧水 天然水 166円

レンタル料金:822円

富士桜長命水 天然水 108円

レンタル料金:540円

ふじざくら命水 天然水 112円

レンタル料金:720円

クリクラ RO水 112円
水道直結式ウォーターサーバー  
商品名 水の種類 月額レンタル料金
ウォータースタンド ろ過水道水 3,500円

+水道代

楽水ウォーターサーバー ろ過水道水 4,250円
CoolQoo(クールクー) ろ過水道水 4,200円

 

以上となりますが、ボトル料金の値段的には、うるのんは天然水サーバーとしてはやや高い方になりますが、天然水ですのでRO水に比べると値段が高いのは仕方がないかなというところです。

もし月々のコストを重要視するなら、RO水サーバーを選択することで毎月のコストを抑えることが出来ますので、後程ご紹介したいと思います。

 

■ボトルの交換毎回がしんどい

「ボトルの交換が毎回しんどい」についてですが、うるのんの天然水ボトルは12Lサイズですので、12kg前後の重さになります。

また、うるのんのサーバーは、天然水ボトルを上部(床から140cmくらいの高さ)で交換するタイプですので、毎回お水がなくなる度に、12kgの重い天然水ボトルを持ち上げて交換しないといけません。

力の弱い女性やお年寄りの方には、このボトル交換が毎回しんどいと感じるのも分かる気がします。

 

■お水の注文ノルマがある

「お水の注文ノルマがある」についてですが、うるのんの公式HPのお水の配送についての利用規約を抜粋しましたので、みていきたいと思います。

 

第2条《配送について》

1.当社は、下記の通り、ボトルウォーターを定期的にお届けします。

⑴申込書に記載された所定の期間毎に所定の本数のボトルウォーターを定期的に配送(以下「定期配送」といいます)いたします。

⑵次回定期配送予定日の7日前までにご連絡いただくことで、次回の定期配送を年間(ウォーターサーバー設置日を基準)2回までは無料(2回連続ではご利用頂けません)にてキャンセルすることができます(以下、次回定期配送のキャンセルを「スキップ」といいます)。ただし年間で3回目からはスキップ1回につき1,000円(税込1,080円)の手数料をお支払い頂きます。尚、お客様がスキップをせずに、定期配送されたボトルウォーターの受け取りを拒否された場合、次条第4項の規定が適用されるものとします。

⑶定期配送を行う曜日のご変更および配送のスキップに関するご連絡はアクアお客さまセンターまでお願いいたします。

⑷定期配送を行う曜日を変更される場合は、変更後の配送日は、前回の定期配送日から21日以内(変更後の配送日を含めます)とさせて頂きます。

⑸定期配送分とは別にボトルウォーターの注文をご希望される場合は、次条に従って注文してください。尚、定期配送分とは別にご注文されたボトルウォーターを、定期配送分として扱ったり、定期配送分に代替したりすることはできませんのでご了承下さい。

2.サービス提供開始後に配送プランの変更を希望される場合について、次回定期配送日の10日前までにアクアお客さまセンターまでご連絡下さい。この場合、お客様と当社で協議の上、配送日を決めるものとします。

引用:うるのん公式HPより

 

以上の利用規約をまとめると、要するに、

  • お水の配送は2本単位で注文
  • お水は定期配送になる
  • 2・3・4週間ごとに選択できる
  • 次回配送の中止は7日前までに連絡
  • 配送中止は1年間で2回まで可能
  • 連続での配送中止はできない
  • 1年間で3回以上の配送中止については、中止1回につき1,000円(税別)の手数料が必要になる

以上が主な内容になりますので、

  • あまりにお水を使わない方
  • 長期間外出することが多い方

などは、この注文ノルマに抵抗を感じる方も多いかも知れません。

 

■赤ちゃんには天然水よりもRO水のほうが最適

「赤ちゃんには天然水よりもRO水のほうが最適」についてですが、赤ちゃんのミルクや離乳食に使うお水は、出来るだけ硬度が低い軟水がいいとされています。

硬度の高いお水を使うと、赤ちゃんが下痢をしたり内蔵に負担をかけたりすると言われています。

なので、本当は

  • 赤ちゃんには硬度が低い軟水よりも、純度の高いRO水のほうが最適

なんです。

そういう意味では、天然水のうるのんのお水よりは、RO水のほうがいいという訳です。

なので、もしも赤ちゃんがいるというあなたには、後程ご紹介するウォータースタンドが、かなり低コストで利用できるRO水サーバーになります。

 

■サーバーのデザインがイマイチ

「サーバーのデザインがイマイチ」についてですが、うるのんのサーバーはデザインがダサいです。

何か業務用のウォーターサーバーみたいなデザインなので、おしゃれな部屋に住んでいる方や、部屋のインテリアにもこだわりがある方には、うるのんのサーバーのデザインが気に入らないかも知れませんね。

 

■サーバーの音が気になる

「サーバーの音が気になる」についてですが、うるのんのサーバーから発生する音は、冷蔵庫などの家電製品から聞こえるような種類の音で、「特に気にするレベルの音ではない」と思います。

逆に、このうるのんのサーバーの音が気になるようでしたら、他社メーカーの一般的なウォーターサーバーの音も気になってしまうレベルですので、特別に消音タイプのサーバーを選択するなどするしかないと思います。

ただ、余りにもうるさくて違和感があるような音が発生しているような場合は、サーバーの故障も考えられますので、一度販売代理店やメーカーに問合せしたほうがいいかも知れません。

 

■解約条件が厳しい

うるのんの解約条件や解約金については、以下にまとめましたので参考にしてみてください。

プラン 通常プラン うるうるプラン
解約金が発生する期間 2年未満 3年未満
解約金 10,000円 15,000円

 

要するに、うるのんでは二つのプランがあり、それぞれ契約期間(利用期間)が2年と3年になっていて、契約期間未満の解約については解約金がかかる仕組みになっています。

 

それでは、他社の天然水ウォーターサーバーの解約条件や解約金についても、比較していきたいと思います。

下記の比較表にしてまとめましたので参考にしてみて下さい。

 

【解約金比較】うるのんvs他社天然水ウォーターサーバー

サーバー会社 解約金発生期間

(契約期間)

早期解約による解約金(税別)
うるのん 3年(うるうるプラン加入)

2年未満

2年以上

15,000円

10,000円

5,000円

ライフスタイルウォーター 2年

1年(WEB契約)

9,500円
プレミアムウォーター 2年

3年

10,000円

15,000円

20,000円

フレシャス 9か月

9か月~2年未満

3年(3年プラン)

15,000円

9,000円

17,000円

ネイフィールウォーター 2年(セレクト)

6か月(スタンダード)

1年(スタイリッシュ)

14,000円

14,000円

10,000円

ワンウェイウォーター 2年

2年

1年

23,000円

14,000円

10,000円

コスモウォーター 2年

2年

1年

23,000円

14,000円

10,000円

信濃湧水 1年 5,000円/1台
オーケンウォーター 2年

1年

20,000円

14,000円

アクアセレクト 1年

2年

5,560円

9,000円

クリクラミオ 2年 8,000円
富士の湧水 1年 5,000円
富士桜長命水 1年 6,000円
ふじざくら命水 1年 6,000円

 

こうして各社比較してみると、うるのんの解約条件や解約金は「厳しいほう」と言えると思います。

契約期間(利用期間)2年未満での解約の場合に、10,000円(税別)の解約金がかかる点については「平均的」なほうですが、2年以上の利用での解約に関しても、5,000円の解約金が発生する点はネックと言えます。

 

ですが、先程も少し触れたウォータースタンドは、

  • 1年以内の解約につき、解約金10,000円が発生
  • 1以上の利用でサーバーの機種変更が無料

という好条件になります。

しかも、

  • RO水なので赤ちゃんにも最適
  • 水道直結式なので定額制で使い放題・飲み放題
  • 煩わしい毎回のボトルの注文や受け取りが不要
  • 毎回しんどいボトル交換も不要
  • 最安機種なら月額3,000円から利用可能

という優れものです。

 

なのでもしも、

  • 天然水にこだわらない
  • 赤ちゃんのミルクや離乳食に使いたい
  • 出来るだけ低コストで利用したい

というあなたには、水道直結式ウォーターサーバーの「ウォータースタンド」がピッタリですので、ご紹介したいと思います。

 

一番低コストで利用できるウォータースタンドが最強!

ウォータースタンド 置き場所0

ではここからは、うるのんとウォータースタンドのコスト面について比較していきます。

 

まず比較するための前提条件として、

  • 4人家族の設定
  • うるのんのボトルを毎月6本(12Lx6=72L)消費
  • うるのんの機種:ウォーターサーバーGrandeを選択
  • ウォータースタンドの機種:プレミアムラピア・S2を選択

していると仮定して、ボトル代金と電気代や、その他の費用をそれぞれ比較すると以下のようになります。

 

【うるのんとウォータースタンドの月額費用の比較まとめ】(金額は税別)

  うるのん ウォータースタンド
初期費用 0円 10,000円(長得プラン加入初期登録費用)
サーバーレンタル料金 300円 4,800円
電気代(月額) 390円 620円
ボトル代金(月額) 10,836円(1,806円x6本:12L/1本) なし
配送料 0円 なし
水道料金(月額) なし 50円前後
フィルター交換費用 交換なし 無償対応
定期メンテナンス料金(月額) 実費負担 無償対応
故障対応 通常利用:無償(故意:実費負担) 通常利用:無償(故意:実費負担)
月額のトータルコスト 11,526円 5,500円

 

うるのんとウォータースタンドの料金面を比較すると以上になります。

ほんの一例ではありますが、毎月にかかるコストの差額は「6,026円」という計算になります。

なので、うるのんではなくウォータースタンドを選択した場合、

  • ウォータースタンドの初期費用:10,000(長得プラン加入)

を支払ったとしても、

  • 10,000円÷6,026円=1.65ヵ月

ですので、2ヵ月目以降は毎月「6,026円」ずつ得をしていく計算になります。

因みに、ボトルの使用量については、各家庭でバラツキがあるとは思いますのが、水の使用量が多ければ多いほど、

  • ウォータースタンドの方が「どんどん」得をしていく

計算になると言えます。

 

勿論、うるのんは天然水ですので、ウォータースタンドのRO水とでは「お水の満足度」という意味では劣るかも知れませんが、コスト面を最重要視するならば充分アリだと思います。

しかもウォータースタンドは低コストで、

  • RO水が定額制で使い放題・飲み放題

という訳です。

ここからは、そんなウォータースタンドの仕組みについてもみていきたいと思います。

 

ウォータースタンドの仕組み

ウォータースタンド ROフィルター

ウォータースタンドは水道直結式のウォーターサーバーですので、水道水をフィルターを通して利用する形になります。

なので、詳しくはこれからご紹介していきますが、ウォータースタンドは「定額制の使い放・題飲み放題」のウォーターサーバーといえます。

 

ではここからは、今回ご紹介する水道直結式のウォーターサーバー「ウォータースタンド」の仕組みについても触れていきたいと思います。

 

まず、ウォータースタンドと他のボトル交換タイプのウォーターサーバーの一番の仕組みの違いは、設置するご家庭の水道水を利用するかしないかです。

ボトル交換タイプのウォーターサーバーの場合は、契約した会社のボトルを定期的に注文して、そのボトルに入っている水(天然水など)を冷水にしたり、温水にしたりして利用する仕組みです。

 

ですが、実はRO水なら「ボトル交換式」ではなくて、「水道直結式のウォーターサーバー」の方が安く利用することができます。

 

ここでROフィルター(逆浸透膜方法)について少し触れておきますが、一言で簡単にいうと、「水の分子以外を全て除去する」フィルターと言うことになります。

参考までに各種のフィルター性能についても、分かりやすくまとめておきますので、参考にしてみて下さい。

ウォータースタンド フィルター性能

こうして比較してみると、一般の浄水器よりも優れたフィルター性能とういことが分かります。

それに、多くのペットボトル飲料水は、マイクロフィルターを採用していますので、それに比べてもROフィルター(逆浸透膜方法)や、ナノトラップフィルターを採用しているウォータースタンドの仕組みは優れていると言えますね。

 

そんな高性能なROフィルターを使用しているウォータースタンドですが、

ウォータースタンドならうるのんよりも、

  • 月々にかかるお水の代金も安くなる
  • 月々の電気代も安くなる
  • サーバーのデザインもかっこいい
  • 多機能なサーバー
  • 同じRO水が定額制・使い放題・飲み放題

なので、うるのんを使うよりも私的には絶対におすすめです。

 

それではここからは、ウォータースタンドの全8種類(機種)について徹底解説していきます。

それぞれの特徴を種類(機種)ごとにかなり詳しく網羅していきますので、ウォータースタンドに興味がある方や使ってみたいなという方は特に参考にしてみて下さい。

 

ウォータースタンド全種類(機種)徹底解説!

ウォータースタンド 種類

ウォータースタンドは、全部で8種類(機種)ラインナップされています。

  • プレミアムラピア ステラ
  • プレミアムラピア L2
  • プレミアムラピア S2
  • プレミアムラピア ネオス2
  • ナノラピア ネオ
  • ナノラピア マリン
  • ナノラピア2
  • エコサーバー

 

当然8種類ごとに

  • 月々のレンタル料金設定
  • 性能
  • 機能

などが違いますので、それぞれの利用目的に合わせて選ぶわけですが、分かりにくい部分も多いと思いますので、これから各種類(機種)の特徴などを詳しくみていきます。

 

プレミアムラピア ステラ <とにかく高性能・多機能>

ウォータースタンド 料金プラン1

【性能・特徴

  • 造水能力3.2L/時間
  • 常温水2.5L
  • 冷水2.3L
  • 温水1.0L
  • メンブレンフィルター(ROフィルター(逆浸透膜)
  • 自動除菌機能
  • 自動節電機能
  • LEDタッチ操作パネル
  • 抽出温度設定
  • 抽出量設定(3段階設定可)
  • チャイルドロック機能
  • 卓上型サーバー
  • 幅26cmx奥行53cmx高50cm

 

プレミアムラピア ステラ1

このプレミアムラピアステラは、ウォータースタンドの種類の中でも、最上位の高機能モデルになります。

サーバー内の自動抗菌機能が付いた機種は、プレミアムラピアステラだけの機能になります。

なので、旅行など数日間使用しない場合などでも、自動で抗菌処理してくれるので、サーバー内のお水を常に新鮮に保つことが出来ます。

その他にも、抽出温度設定・チャイルドロック機能はプレミアムラピアステラのみに装備され、加えて抽出量設定(3段階設定可)・自動節電機能などもフル装備されているので、とにかく多機能で便利な機種です。

 

【こんな方におすすめ】

  • とにかく高性能で多機能な便利な機種が欲しい
  • 常温水・冷水・温水の全て使いたい
  • 高性能なフィルター機能を備えた機種が欲しい
  • 小さい子供(赤ちゃん)がいる
  • 月々の電気代を低く抑えたい

ぜひあなたも使ってみて下さい。

ウォータースタンドのご購入はこちらから

↓       ↓

 

 

プレミアムラピア L2 <とにかく大容量>

ウォータースタンド 料金プラン2

【性能・特徴】

  • 造水能力11.8L/時間
  • 常温水6.0L
  • 冷水3.0L
  • 温水3.0L
  • メンブレンフィルター(ROフィルター(逆浸透膜)
  • スタンド型サーバー
  • 幅26cmx奥行44.8cmx高115cm

 

プレミアム ラピア L2

このプレミアムラピアL2は、ウォータースタンドの種類の中でも、一番の大容量の機種になります。

容量たっぷりなので、大家族やヘビーユーザーの方でも容量の心配なく使うことが出来ます。

また、常温水・冷水・温水の全てが使えますので、普段の飲み水としては勿論、料理・コーヒー・紅茶・製氷などあらゆる場面で大活躍してくれます。

プレミアムラピアL2は、唯一のスタンドタイプとなりますが、幅が26cmとスリムなデザインですので、案外置き場所にも困ることは少ないと思います。

 

【こんな方におすすめ】

  • ヘビーユーザーでとにかく大容量な機種が欲しい
  • 常温水・冷水・温水の全て使いたい
  • 高性能なフィルター機能を備えた機種が欲しい
  • 家族が大勢いる(5人以上)

ぜひあなたも使ってみて下さい。

ウォータースタンドのご購入はこちらから

↓       ↓

 

 

プレミアムラピア S2 <高性能で料金はそこそこ>

ウォータースタンド 料金プラン3

【性能・特徴】

  • 造水能力3.2L/時間
  • 常温水2.5L
  • 冷水2.3L
  • 温水1.0L
  • メンブレンフィルター(ROフィルター(逆浸透膜)
  • 卓上型サーバー
  • 幅26cmx奥行48.3cmx高50cm

 

プレミアムラピア S2

このプレミアムラピアS2は、先帆の最上位モデルのプレミアムラピアステラに装備されている多くの機能をシンプルにして、その分レンタル料金を低く抑えた機種(種類)になります。(プレミアムラピアステラよりもレンタル料金が月額700円低い設定になっています)

ですが、機能面でシンプルにはなっていますが、性能面はプレミアムラピアステラと同様の造水能力・メンブレンフィルターですので安心です。

常温水・冷水・温水のどれも利用できますので、普段の飲み水としては勿論、料理・コーヒー・紅茶・製氷などあらゆる場面で重宝します。

因みに、このプレミアムラピアS2は、「人気ナンバー2」のモデルになります。

 

【こんな方におすすめ】

  • 常温水・冷水・温水の全て使いたい
  • 高性能なフィルター機能を備えた機種が欲しい
  • なるべく月々のレンタル料金を低く抑えたい

ぜひあなたも使ってみて下さい。

ウォータースタンドのご購入はこちらから

↓       ↓

 

 

プレミアムラピア ネオス2 <常温水のみ・一番低い料金設定がいい>

ウォータースタンド 料金プラン4

【性能・特徴】

  • 造水能力3.2L/時間
  • 常温水3.5L
  • 冷水なし
  • 温水なし
  • 電源不要
  • 消費電力ゼロ
  • メンブレンフィルター(ROフィルター(逆浸透膜)
  • 卓上型サーバー
  • 幅19.2cmx奥行43cmx高43.4cm

 

プレミアムラピア ネオス2

このプレミアムラピアネオス2は、常温水のみ利用可能な機種(種類)で、その代わり電源が不要なタイプです。つまり月々の電気代もゼロです。

機能面では、先程のプレミアムラピアS2をより更にシンプルになりますが、性能面では同様の造水能力・メンブレンフィルターですので安心です。

機能面を究極にシンプルにしてある分、月々のレンタル料金は一番低い設定になっています。

 

【こんな方におすすめ】

  • 常温水しか使わない
  • 高性能なフィルター機能を備えた機種が欲しい
  • 極力月々のレンタル料金を低くしたい

ぜひあなたも使ってみて下さい。

ウォータースタンドのご購入はこちらから

↓       ↓

 

 

ナノラピア ネオ <性能・機能・料金のベストバランス>

ウォータースタンド 料金プラン5

【性能・特徴】

  • 常温水2.5L
  • 冷水2.5L
  • 温水1.0L
  • 省電力モード搭載
  • タッチ操作パネル
  • ナノトラップフィルター
  • 卓上型サーバー
  • 幅260cmx奥行50.5cmx高50cm

 

ナノラピア ネオ

このナノラピアネオは、性能・機能・料金のバランスが取れた機種(種類)で、ウォータースタンドの中で一番の人気モデルです。

常温水・冷水・温水のどれも利用できますので、普段の飲み水としては勿論、料理・コーヒー・紅茶・製氷などあらゆる場面で重宝します。

その他にも、省電力モードを搭載していますので、月々の電気料金も低く抑えることが出来ます。

また、月々のレンタル料金も2番目に低い料金設定になっていますので、正しく性能・機能・料金のベストバランスと言えます。

あと、エコサーバーとセットで利用することで、水道に直結することなく、サーバー単独で使用することが可能になります。

要するに近くに水道がなくても、家中どこに置いても自由自在という訳です。(電源は必要です)

 

【こんな方におすすめ】

  • 常温水・冷水・温水の全て使いたい
  • 性能・機能・料金のバランス重視
  • 月々の電気代を低く抑えたい
  • なるべく月々のレンタル料金を低く抑えたい

ぜひあなたも使ってみて下さい。

ウォータースタンドのご購入はこちらから

↓       ↓

 

 

ナノラピア マリン <省スペースでも常温水・冷水・温水は使いたい>

ナノラピアマリン

【性能・特徴】

  • 常温水
  • 冷水1.35L
  • 温水(瞬間温水加熱機能)
  • 消費電力40%削減(タンク式サーバー比)
  • タッチ操作パネル
  • 安全ロック機能
  • ナノトラップフィルター
  • 卓上型サーバー
  • 幅18.1cmx奥行42cmx高37.5cm

 

このナノラピアマリンは、次にご紹介するナノラピア2の多機能版と言えます。

常温水・冷水・温水のいずれも使えますし、サイズ的にもウォータースタンドの機種の中で最小になります。

 

ナノラピアマリン2

 

【こんな方におすすめ】

  • 常温水・冷水・温水の全て使いたい
  • 性能・機能・料金のバランス重視
  • コンパクトサイズが欲しい
  • なるべく月々のレンタル料金を低く抑えたい

ぜひあなたも使ってみて下さい。

ウォータースタンドのご購入はこちらから

↓       ↓

 

 

ナノラピア2 <とにかく省スペース・低料金設定>

ウォータースタンド 料金プラン6

【性能・特徴】

  • 常温水直接ろ過タイプ
  • 冷水1.35L
  • 温水なし
  • 電子冷却システム(静音タイプ)
  • タッチ操作パネル
  • 抽出量設定(3段階設定可)
  • ナノトラップフィルター
  • 卓上型サーバー
  • 幅181cmx奥行42cmx高37.5cm

 

ナノラピア2

このナノラピア2は、ウォータースタンドの種類の中で一番小さいサイズの機種になります。

また、先程のプレミアムラピアネオス2と同様、一番低い料金設定になっています。

ですが、先程のプレミアムラピアネオス2は常温水のみの機能になりますが、このナノラピア2は常温水と冷水が使えます。

 

【こんな方におすすめ】

  • とにかく省スペース
  • とにかく月々のレンタル料金を低く抑えたい
  • 温水は使わない

ぜひあなたも使ってみて下さい。

ウォータースタンドのご購入はこちらから

↓       ↓

 

 

エコサーバー <近くに水道がない場所で利用したい>

ウォータースタンド 料金プラン7

【性能・特徴】

  • タンク6Lx2コ
  • 常温水2.5L
  • 冷水2.5L
  • 温水1.0L
  • 省電力モード搭載
  • タッチ操作パネル
  • ナノトラップフィルター
  • 幅30cmx奥行54cmx高120cm

(注)ナノラピアネオとセット

 

エコサーバー

このエコサーバーは、単独で使うことは出来ません。

必ずナノラピアネオとセット利用する機種(種類)になります。

ナノラピアネオとセットで利用することで、水道に直結することなく、サーバー単独で使用することが可能になります。

要するに近くに水道がなくても、家中どこに置いても自由自在という訳です。(電源は必要です)

 

【こんな方におすすめ】

  • 寝室など近くに水道がない場所で使いたい

 

ぜひあなたも使ってみて下さい。

ウォータースタンドのご購入はこちらから

↓       ↓

 

 

以上、ウォータースタンド全8機種(種類)について詳しくみてきました。

それぞれの特徴や性能は、ある程度伝えられたかなと思います。

あと最後に、ウォータースタンドを導入する際にかかる費用をご紹介しておきます。

 

私が断然おすすめす「プレミアムラピア・ステラ」の費用まとめ!

月々にかかるコストしては、

  • 月々のサーバーレンタル料金
  • 電気代(600円前後)
  • 水道代(50円前後)

となりますので、例えば私が一番おすすめする「プレミアムラピア・ステラ」を利用した場合は、

 

【プレミアムラピア・ステラ利用時の費用まとめ】

初期費用 10,000円(長得プラン加入初期登録費用)
サーバーレンタル料金(月額) 5,500円(税別・長得プラン)
電気代(月額) 500円前後
水道代(月額) 50円程度
フィルター交換費用(6ヵ月ごと) 無償対応
定期メンテナンス費用(6ヵ月ごと) 無償対応
月額のトータルコスト 約6,000円

 

まとめると以上で月々の費用としては「6,000円」ということになります。
ぜひあなたも使ってみて下さい。

ウォータースタンドのご購入はこちらから

↓       ↓

 

 

 

そんな便利で使いやすく、災害時の備蓄用のお水にも利用できるウォーターサーバーですが

  • 天然水サーバーが使いたい
  • まだ導入するのに抵抗がある
  • 解約金のことを考えるともう少し検討したい
  • とりあえず無料で試したい

とお考えのあなたには、まずは無料お試しでライフスタイルウォーターを使ってみることをお勧めします。

 

とりあえず「無料お試し」でライフスタイルウォーターを使ってみるのもアリ!

ライフスタイルウォーター 無料お試し

私がおすすめするライフスタイルウォーターなら、「3ヶ月間お試しプラン」を利用することで、月々のサーバーレンタル料金や、解約金をタダ(0円)で気軽にウォーターサーバーを導入することができるのでおすすめです。

利用期間中に注文した分のボトル料金だけはかかってしまいますが、

  • まだ導入するのに抵抗がある
  • 解約金のことを考えるともう少し検討したい

というふうに、まだ迷っているあなたにはお勧めできるサーバーです。

 

それでは、ライフスタイルウォーターの「3ヶ月お試しプラン」の具体的な導入の仕方について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

ライフスタイルウォーターの「3ヵ月おためしプラン」は、

  • 3ヵ月間はサーバーレンタル料金が無料
  • お試し期間中の解約につき解約金が無料
  • 1回限りのキャンペーン

というお試しキャンペーンになっています。

 

3ヵ月おためしプランの具体的な利用方法は、

  1. 専用申し込みページから申し込む
  2. 3種類のサーバー機器の中からサーバーを選ぶ
  3. 定期配送の内容を決める(配送周期・ボトル本数)
  4. 初回サーバー機器・天然水ボトルの配送・受け取り
  5. サーバー機器の設置
  6. ライフスタイルウォーターの利用
  7. お試し期間の終了(継続利用するか解約するかを決める)

以上の流れで、3ヵ月おためしプランを利用して、継続利用する場合はそのまま利用する形になります。

 

仮に、解約する場合は、

  • 解約の申し出をする
  • サーバー返却日を設定する
  • 水を使い切る・サーバー機器の水抜きをしておく
  • サーバー機器の返却

という手順で解約を進めていきます。

この際の注意点としては、

  • 必ずお試し期間内にサーバーを返却する必要がある
  • サーバー機器内の水は全て抜いておく必要がある

と言うことです。

 

それでは、ライフスタイルウォーターの「3ヶ月間おためしプラン」を使う間に、ぜひチェックしておいて欲しい内容についても触れておきたいと思います。

ご紹介する内容をチェックしておけば、その先ずっと継続利用するかどうかの判断材料にもなるかと思いますので、お試し期間の3ヶ月を有効に利用する為にも参考にしてみて下さい。

 

【ライフスタイルウォーター】3ヶ月の無料お試し期間中のチェックポイント

ライフスタイルウォーターの「3ヶ月おためしプラン」の利用期間中に、チェックしておくべきポイントは、

  • 申し込み時のメーカーの対応
  • サーバー機器の使い勝手
  • 天然水の味や使用用途
  • 天然水ボトルの1ヶ月の使用量
  • 1ヶ月あたりの電気代
  • サーバー機器のメンテナンスのしやすさ
  • 利用期間中のメーカーの対応
  • 天然水ボトルの定期配送の対応

以上になります。

 

大きくは、

  • メーカーの対応
  • サーバー機器や天然水の使用感
  • ボトルの消費ペース

が大事な要素になりますので、利用期間中に確認しておきましょう。

 

 ライフスタイルウォーターの3ヵ月おためしプラン利用の際は「らく楽スタイルウォーターサーバーSMART」がおすすめ!

で、実際にライフスタイルウォーターの3ヵ月おためしプランを利用する際に、どのサーバー機器にするかですが、

  • らく楽スタイルウォーターサーバーSMART

を私はおすすめします。

らく楽スタイルウォーターサーバーSMARTは、天然水ボトルの交換部分がサーバー下部になっていて、毎回重い天然水ボトルを交換する際にかなり「楽ちん」で、使いやすいサーバーです。

 

それにライフスタイルウォーターには、「サーバーレンタル+ONE」というサービスがあり、2台目のサーバーを無料でレンタルできるサービスになっています。

ただしレンタルできるサーバーは、

  • スタイリッシュLサーバー

のみとなっていますので、らく楽スタイルウォーターサーバーSMARTを2台目に追加することが出来ません。

 

なので、3ヵ月おためしプランの期間内は、使いやすい「らく楽スタイルウォーターサーバーSMART」を使っておいて、いざもう一台追加でサーバーを使いたいという場合に、「サーバーレンタル+ONE」を利用して、スタイリッシュLサーバーを2台目のサーバーとして使うという手もあります。

 

それでは最後に、私がお勧めするライフスタイルウォーターの各機種をご紹介しますので、参考にしてください。

 

私がおすすめするライフスタイルウォーターの機種はこれ!

ライフスタイルウォーター

ライフスタイルウォーターでレンタルできるサーバーは、全部で以下の3種類の機種になります。(アメリカンは買取のみ)

  • らく楽スタイルウォーターサーバーSMART(3色)
  • スタイリッシュLサイズ(4色)
  • スタイリッシュSサイズ(4色)

 

以上、3種類のサーバーでそれぞれにカラーバリエーションが3~4パターンありますので、性能・機能・デザイン・カラーなどに応じて選ぶことが出来ます。

また、いずれのサーバー機器も、月々のレンタル料金は無料(0円)ですので、毎月に掛かる費用は「注文した天然水ボトルの代金」と「電気代」のみということになります。

 

因みに、各サーバーのスペック比較表も合わせてご紹介しておきます。

ライフスタイルウォーター スペック比較表

 

では、あなたにピッタリなサーバーを見つけてもらう為に、更にそれぞれのサーバー機器の特徴をご紹介していきます。

 

【ライフスタイルウォーター】女性のあなたには「らく楽スタイルウォーターサーバーSMART」がボトル交換も楽ちんでピッタリ!

ライフスタイルウォーター らく楽スタイルSMART

この「らく楽スタイルウォーターサーバーSMART」の一番の特徴は、床置きタイプのサーバーですが、天然水ボトルの交換部分がサーバー下部になっていますので、重いボトル交換も楽ちんで、

  • 力の弱い女性やお年寄りの方にとってはピッタリなサーバー

だと言えます。

 

またデザインもシンプルで、カラーバリエーションも「ブラック」・「ホワイト」・「ピンク」の3タイプラインアップされていますので、部屋の雰囲気にも合わせやすい機種です。

あと、らく楽スタイルウォーターサーバーSMARTだけに「チャイルドロック機能」も搭載していて、小さいお子さんがいるあなたにもピッタリの機種になります。

それに、機能的にも「冷水」・「温水」とも使えて、ウォーターサーバーの基本的な機能は備えています。

 

【ライフスタイルウォーター】よく使うあなたには「スタイリッシュLサイズ」が大容量でピッタリ!

ライフスタイルウォーター スタイリッシュLサイズ

次に「スタイリッシュLサイズ」についてですが、一番の特徴は「ライフスタイルウォーターの中で一番容量が大きい」と言うことです。

このスタイリッシュLサイズは、先程のらく楽スタイルSMARTと同様床置きタイプのサーバーですが、冷水タンク・温水タンクの容量が、

  • らく楽スタイルSMART(冷水1.6L/温水1.25L)
  • スタイリッシュLサイズ(冷水2.4L/温水1.95L)

となっていて、

  • よく使うヘビーユーザーのあなたにはピッタリなサーバー

だと言えますね。

 

それに、機能的にも「冷水」・「温水」とも使えて、ウォーターサーバーの基本的な機能は備えています。

またデザインも丸型(円柱状)になっていて「可愛くてシンプル」なデザインです。

カラーバリエーションも「ブラック」・「ホワイト」・「ピンク」・「ブルー」の4タイプから選べますので、部屋の雰囲気にも合わせやすいです。

 

【ライフスタイルウォーター】卓上で使いたいあなたには「スタイリッシュSサイズ」がコンパクトでピッタリ!

ライフスタイルウォーター スタイリッシュSサイズ

最後に「スタイリッシュSサイズ」についてですが、この機種はライフスタイルウォーターの中で唯一の「卓上タイプ」のサーバーになります。

 

このスタイリッシュSサイズは、卓上タイプでサイズ的にも「直径30cmx高さ79cm」ですので、ご家庭用の「ポット」と同サイズで高さが2倍程度の大きさで、

  • LDKのキッチンカウンターの上
  • 食卓テーブルの上
  • リビングの装飾棚の上
  • 寝室のベット周り

など、コンセントさえあればどこにでも置くことが出来て「使い勝手バツグン」です。

それに、機能的にも「冷水」・「温水」とも使えて、ウォーターサーバーの基本的な機能は備えています。

 

その上、冷水タンクの容量は先程のスタイリッシュLサイズと同等の「2.4L」あり、コンパクトでも高性能な便利な機種ですので、

  • 「卓上で便利に使いたい」というあなたにはピッタリなサーバー

ですのでおすすめします。

 

では最後に、ライフスタイルウォーターの初期費用や、月々必要な費用をご紹介しておきたいと思いますので参考にしてみてください。

なお前提条件として、

  • 家族4人
  • 1ヶ月に12Lボトルを6本消費する

とします。

 

【ライフスタイルウォーター利用時の費用まとめ】

初期費用 0円
サーバーレンタル料金(月額) 0円
電気代(月額) 500円~800円
ボトル代金(月額) 11,400円(1,900円x6本)
フィルター交換費用 なし
定期メンテナンス費用 なし
月額のトータルコスト 約11,900円

 

以上、ライフスタイルウォーターを導入した場合、1ヶ月に必要な費用をまとめると「約11,900円」という計算になります。

ぜひあなたも使ってみて下さい。

ライフスタイルウォーターの無料お試しはこちらから

↓       ↓

 

 

 

コメントを残す